2020年09月02日

奈良響 団員の居住地データ

皆様

今日は奈良響のデータ紹介の第2回です。

今回のテーマは「奈良響の団員はどこに住んでいるのか?」です。
毎週の練習にどこから来ているのか、
これから入団を考える人には参考になるデータだと思います。

ではデータを見てみましょう!

prefecture.pngcity.png

府県別でみると
やっぱり奈良県が多いですね。全体の2/3を占めます。

そして次が京都府、大阪府と続きます。
やはり距離が大きくものを言っているでしょう。

市町村別で行くと、
距離の近い奈良市、生駒市、大和郡山市、京都の相楽郡、木津川市はもちろん多いです。

一方で距離はあるけど、電車一本で通える
大阪の東大阪市や大阪市もある程度の比率がいますね!

一方で意外なのが、下の3つ!
宇治市、泉大津市、宝塚市!
遠いけど、皆、長年奈良響に在籍し続けています。
それだけ、奈良響が好きなんです!居心地がいいんです。

過去には、浜松とか、姫路の団員もいました。
彼らは距離に負けることなく、最終的には転居して奈良の近くに戻ってきて、今も団員を続けています。
ちょっと強引だけど、奈良響の居心地の良さは伝わりましたでしょうか?

第3回はいつになるのかわかりませんが、
またデータを紹介できたらと思います。




posted by 奈良交響楽団 at 22:59| 楽団紹介

2020年02月05日

団員総会

2月2日は、練習はお休みでしたが、
団員が集まっての総会をひらき、
次の一年の活動について話し合いました。

普通に予算や役員の話もしますが、
次の演奏会や団員増加策などいろんな話が出ました。


そして総会後は、
近所の新しい居酒屋さんで、
新人歓迎会を開きました。

この数か月で入った団員さんをお迎えして、
自己紹介をしてもらったり、かわいらしいニックネームを付けたり、
若手から年配まで仲良く3時間、話に花が咲きました!

若い女性団員が増えたこともあり、
おじ様たちののテンションもやや高めだったかな??
20200202団員総会.jpg
20200202歓迎会.jpg
posted by 奈良交響楽団 at 22:58| 楽団紹介

2020年01月12日

奈良響のパート別人数のご紹介

皆様、こんにちは。
本日から奈良響のブログがはじまります。
不定期ですが、奈良響のことをお伝えしていきます。

第1回の今回は、奈良響の人員構成がテーマです。

最近うれしいことに、10月の定期演奏会以降、順調に入団者が続き、2か月で4名も増えて60名になりました。10月の演奏会が心を打ったか、今までの宣伝活動が結実したか、いずれにせよ良い結果です。

パート別の人数を弦楽器から見てみましょう。チェロが多めになっており、これを基準に考えると他の楽器が増えてほしいところです。ヴァイオリンは人数としては多いのですが、1stと2ndに分けるとそれほど多くないので、たくさん来て欲しいですね。

木管楽器は、先月に待望のファゴットの新人が入り、全楽器3名体制ができあがりました!揃ったのは5年ぶりくらいでしょうか。それ以来、同じメンバーでやってきて、この1年で1/3入れ替わったので、また互いの特徴をつかんでよいアンサンブルが作れたらと思います。

金管楽器は、ベートーヴェンからチャイコフスキーの交響曲を演奏する人数が何とか確保できています。10月のマーラー5番の演奏でも大活躍でした。

打楽器は2名なので、もう1名増えてもいいかと思います。

次に年齢ですが、データをパート別で出すと、管楽器メンバーの年齢がほぼ特定できてしまうのでデータは出しませんが、10代からベテランまで、幅広い年齢層で構成されています。
そして性別では、女性の方が多くなっています。でも多くのパートで男女両方のメンバーいてバランスが取れていると言えるのではないでしょうか?最近女性団員から「もっと若い男の子が入団してくれたらいいのに」という声がちらほら出るくらい、特に若手男性は不足しているというのが実情です。

これをご覧の方で募集中のパートの楽器をお持ちの方、ぜひ、奈良響で一緒に演奏してみませんか?

20200114人数.jpeg
(表はクリックしたら、別ウィンドウで開きます)
続きを読む
posted by 奈良交響楽団 at 23:29| 楽団紹介