2023年04月24日

練習 20230423

みなさま、こんにちは。

桜が終わり、新緑が映える季節ですが、
黄砂のせいか、若草山が少し霞んで見えるこの頃ですね。

この日は、山田先生に全曲を見てもらい、
かつアンコール曲(曲名はヒミツです)を練習しました。

ベートーヴェンの英雄は、4, 1, 2楽章でした。
表現、アンサンブルのうまく行っていない所を拾ってもらい、
修正していきました。

ブラームスの大学祝典序曲も同様に
表現やアンサンブル、
音量バランスを短時間で練習しました。

ドヴォルザークの英雄の歌は、
ベートーヴェンの英雄と同じように葬送行進曲部分があります。
そこはテンポが速くて指が回らないわけではないのですが、
いろんなものが詰め込まれていて、アンサンブルや表現が難しくなっていて苦労しています。

何せ現代の日本に、お葬式で音楽に合わせて歩くことはないですから、
それをどう我々がイメージして伝えるか、
かなり難しいところです。


本番まであと3週間です。
皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
(↑奈良響のHPに50周年のロゴが付きました!)

この日は、ホルンに新しい仲間が加わりました!
これで4管の曲が団員だけでできるようになります!

これをご覧の皆様で、
ヴァイオリン、ヴィオラをお持ちの方、我々と一緒に演奏しませんか?
http://narakyo.halfmoon.jp/news-recruit.htm

DSC_0497.JPG
続きを読む
posted by 奈良交響楽団 at 07:14| 練習風景

2023年04月18日

練習 20230416

みなさん、こんにちは。
演奏会まで1か月を切りました。

この日は本番指揮者の高谷先生に見て頂き、
ドボルザークの英雄の歌と、ベートーヴェンの英雄を練習しました。

ドボルザークは、4楽章に分けたうち、
4→2→3を練習しました。
思ったよりスローでホッとした4楽章にはじまり、
調の変化を意識した音作りをしていきました。

ベートーヴェンは、主に1楽章を練習しました。
1楽章は前回に引き続き細部にこだわり、
楽譜の指示、ベートーヴェンの意図をより忠実に表現するための練習をしました。

先生との練習はあと2回、プラス浦先生と山田先生の練習があります。
チケットが出来上がったり、
本番進行などのいろんな準備も進み、
気分はかなり本番モードになってきました。

2440.jpg
続きを読む
posted by 奈良交響楽団 at 07:18| 練習風景

2023年04月10日

練習 20230409

みなさん、こんにちは。

新年度や新学期がはじまり、
新しい生活がはじまったり、新しい出会いがあったりしたのではないでしょうか?

この日は、奈良県は選挙の日で、公務員の団員が一部お休みする一方で、
エキストラさんに来て頂き、弦楽器の厚みが充実してきました。

高谷先生に来て頂き、
ブラームスの大学祝典序曲と、ベートーヴェンの英雄の4,3楽章を練習しました。

主に英雄の4楽章を練習したのですが、
それはもう、我々のベートヴェンへの挑戦でした。

変奏ごとに区切り、
ここはsubito pで、この音はテヌート気味に、この音までクレッシェンドでmfまで、このスタッカート無しは意識してetc
というように、先生の細かい指示と、繰り返しの練習により、
だんだんベートーヴェンぽく音楽が変わっていきました。

タフなこの4楽章ですが、あっという間に時間が過ぎていき、
予定していた1楽章の練習はできませんでした。

先生が笑顔で、もっと研究してきますと、練習を終え、
また次の練習が楽しみになりました。

S__58728450.jpg

我々の演奏会は、
ムジークフェストなら2023にも参加しており、
HPやパンフレットにも載りました。

二人の英雄、というテーマで、少しかっこよさげになっています!


続きを読む
posted by 奈良交響楽団 at 22:04| 練習風景